空間夢工房「棟梁の家」|信頼工務店 千葉

よくある質問

千葉県の住宅・工務店なら秋葉工務店|信頼工務店 千葉

空間夢工房ではただ安いだけの家なら絶対つくらない、棟梁が家を建てます。

■資料請求はこちら
専門家の知識やノウハウを整理した小冊子・ガイドブックの紹介です。
↓ここをクリック
syokunindamasii.png
↑↑↑↑↑↑↑
■家族のためにも家づくりを成功させなくてはならない方!
至急小冊子請求してください!■


 ■『幸せ発見工房☆きら☆
 ↓↓↓↓↓ここをクリック
siawasehakkennkoubou.jpg

■いい家が・・・そんなに簡単にできるワケがない!とお悩みのあなたへ
↓ここをクリック logo02.jpg
今住宅の増改築やリフォームでは、工事価格に定価というものがなく、統一した基準もありません。チラシや広告に価格表示があっても、実際の内容や品質はさまざまです。

新聞記者投稿でも、増改築をめぐるトラブルが急増しています。特に100万円以上の増改築や外壁・屋根リフォームをはじめ、高額な費用を必要とするリフォーム工事に対しては、必ず工事現場を見て決める必要があると失敗した方々が口をそろえて弊社の見学会を見に来た際に言っておられました。

もし、あなた様がリフォーム工事で失敗しない為には、必ず工事現場を見せてくれる、自社で施工したお客様の声を聞かせてくれる会社に依頼することが必要だと、家づくりに成功した方からの声に耳をかたむる必要があります。

 
千葉県の工務店なら秋葉工務店|信頼工務店 千葉トップへ ->  よくある質問

質問1 家が建つまで何日くらいかかるの?

回答
よく質問されます。
家づくりの日程は、標準的に申し上げますと、次のようなペースで進んでいきます。

1、契約前の打合せで1~2ヶ月
2、契約後、間取りやデザイン、仕様を決めながら図面を仕上げるのに2ヶ月前後
3、工事が始まり、行政の検査や登記が全て終わるのに3~4ヶ月

今から計画したとして6ヶ月~8ヶ月程度の月日が要することとなります。
建替えなどで仮住まいなどが必要な方は、余裕を持っての準備や計画が必要です。

質問2 建築条件付きの土地ってどう思う?

回答
新聞の折込チラシなどで「××分譲地特価販売中!ただし建築条件付」なんて文字を目にしたことはありませんか? この建築条件付という土地、簡単に言えば、「その土地の販売会社に建物工事もお願いしなければならない」ということです。
建築条件付の場合、建売住宅と違って工事過程をその目で確認するができます。ただし建物工事を請負う業者がすでに決まっていることで、金額が高かったりしっかりとした仕事をする職人を使うかどうかわからないといった懸念も考えられます。
希望の工法や間取りを実現することができ、正直な価格でしっかりとした仕事をする会社であれば、何も問題はありません。
土地をえさに工事契約を急ぐようなところであれば注意が必要です。

質問3 結局はおたくも毎日しつこい営業されるんでしょ?

回答
「モデルハウスに行くと、その日のうちに、たくさんの営業マンが訪ねてきて…ちょっと資料をほしかっただけなのに、ホントしつこいくない…」。
残念なことですが・・・これは住宅業界でよく耳にする話です。本来であれば、家づくりはお客さま自身が考え、信頼できる地域に根ざした業者をさがし、その業者と力を合わせてすすめていくものです。家をつくる側であるお客さまがお客さまのお手伝いをする立場である住宅業者に遠慮したり、対等に話ができずに悩んでいるのだとしたら、これほど悲しいことはありません。
高品質ローコスト住宅研究会では、お客さまへ対する売り込みは一切いたしません。どうぞお気軽に構造見学会へお越しください。その際に「今はまだ名前を書きたくないな…」とお思いならば、遠慮なくそうおっしゃってください。

質問4 オプション工事は本当にないの?

回答
オプション工事がある場合とない場合とでは、建築費の合計金額は大きく異なります。広告では安い金額でうたっている会社でも、いざ打ち合わせをはじめてみたら「オプション、オプション…」の繰り返し。最終的には当初予定価格を大幅に上回ってしまった、なんて話も耳にします。
わたしどもがご提案するプランの中には、子育て世代に必要なものはすべて標準装備に含まれています。しかし、お客さまの中にはもう少し違ったものがほしい、全館暖房の家にしたいなど、こだわりを叶えるために一部オプション工事になってしまう場合もあるかもしれません。
設備や仕様については打ち合わせの段階から入念にご相談させていただきます。ご要望の設備がオプション工事になるかどうかについては、お客さまにしっかりご確認いただいた上で決定します。どうぞご安心ください。

質問5 個性的な家を頼むには、建築家がいいですか?

回答
こだわりの家やふつうとはちょっと違った個性的な家をつくりたいという場合は、設計事務所へお願いするのもひとつの方法です。ただし、すべての設計事務所が良いというわけではありませんので注意が必要です。
注意しなければならない3つのポイントは次のとおりです。
1、あまりにも安い設計費には疑問が残ります。
  建築費の10~15%が妥当な金額です。
2、使い勝手や予算を考えずに、家を作品化してしまうことがあります。
  依頼する際にきちんと要望を伝えることが大切です。
3、どんなに設計が良くても施工をする職人の腕が悪ければ台無しです。
  施工会社はどうやって決めるのかなどについてしっかり確認をしましょう。
以上のことに注意して、検討すると良いでしょう。

質問6、工事途中での設計変更について教えてください。

どんなに一生懸命に打ち合わせをしたつもりでも、工事がはじまって形になるにしたがって、図面だけではわからなかったことに気付くようになるのは仕方のないことかもしれません。これから先の長い人生を過ごす家なのですから、少しでも理想に近づけたいと思うのは当然のことでしょう。
後になってから慌てないためにも、家は打ち合わせの段階で確実に決めてしまうのがイチバンです。
ただし、工事途中にどうしても変更したいという場合には、すぐにご連絡ください。できる限り対応いたします。その際、工事の進行状況によってすでに発注している部材もあるかもしれません。その場合はやむをえず追加で諸費用をお願いしなければならないこともありますので、ご了承ください。

千葉県の工務店なら秋葉工務店|信頼工務店 千葉-質問6、工事途中での設計変更について教えてください。 「質問6、工事途中での設計変更について教えてください。」の続きはこちら

質問7、蓄熱暖房の家ってポカポカなの?

tikunetuyokadannbou.jpg

冬になると、あたたかい家というのは本当に良いものだな、としみじみ感じることがあります。全館暖房の家は、家全体がポカポカしてスリッパを履くのを忘れてしまいます。まるで陽だまりでくつろぐような心地よい気分を体感できます。
快適な居住環境を保ち、建物の寿命を長くするためには、各部屋はもちろん洗面室、トイレ、ホールも暖かい蓄熱式床暖房はとても優れています。また、小さいお子様やお年を召された体の為にも建物内の温度差をなくすことが大切です。
ただ、このようにあたたかくなるのは使用する蓄熱式床暖房だけの力ではありません。家全体の断熱構造がどうなっているのか、熱効率の良い間取りになっているかどうかが大きく影響します。具体的にはリビングに階段のある家、吹き抜けのある家については前もってきちんと確認することが大切です。わからないことがあれば、いつでもお気軽にご相談ください。

質問8、家を長持ちさせる為に結露を防ぐにはどうすればいい?

冬になって暖房を入れると、窓ガラスにじっとりと水滴がついているのを目にしたことがあるでしょう。住宅にまつわる不平・不満のうち、必ず上位にあがるのがこの「結露」についてです。
結露対策として挙げられるのは、次の通りです。
1、サッシをペアガラスにする
2、断熱材は密度の高いものを使う
 細かい説明は除きますが、結露はこの2点によってほぼ解消されます。しかし、こういった建築上の対策のほかに、結露を防止するためには日常生活のなかでできるだけ「換気」を心がけることが大切です。寒い冬の時期でもなるべく2時間に1回、5分程度は窓を開けて空気の入れ替えをしましょう。また台所やお風呂場の換気扇をできるだけまわすように心がけ、時には除湿器を使いながら室内の空気を動かすことも大切です。
youmou.jpg

株式会社 秋葉工務店では、調湿効果に圧倒的に優れている断熱材を標準採用しています。
結露をつくらない断熱材を比較見学会場に確かめに来て見てはいかがでしょか?

質問9、照明器具にカーテンをそのまま使い続けたいのですが・・・

家は一生に一度の大きな買い物です。これから先の何十年間にわたって長いローン返済を続けるわけですから、はじめにかかる諸費用を少しでも安く抑えたいと考えるのはもっともなことです。
高品質ローコスト住宅研究会の家では照明器具やカーテンを標準装備に含んでお客さまにご提供しています。ただし、お手持ちのものをそのままお使いになりたいという場合は、打ち合わせの段階でどうぞ遠慮なくそうおっしゃってください。今お使いのものを最大限よく見せるように、お手伝いいたします。
わたしたちはものを大切にしたいとおっしゃるお客さまのことを心から応援いたします。

質問10、二世帯住宅を建てる上での注意点を教えてください?

二世帯での同居ということですが、一言で同居といっても夫の両親と同居をする場合、また妻の両親と同居をする場合もありますね。一番大切なことは、どんな形で同居するのが自分たちにとって望ましいかを家族みんなでじっくりと話し合うことです。現実と将来の両方を考え、家族みんなが本音で話し合うこと。そこでお互いの考え方を理解し合うことができれば、何も心配はいりませんね。
時間帯や食事の好み、子育てに対する考え方や価値観など、親子といえどもさまざまな違いがあるのが現実です。お互いに気兼ねすることなく生活できるように、浴室、トイレ、キッチン、玄関などをどのように設けるか、時間をかけてじっくりと相談してください。その際に、もし何かアドバイスをほしいとお望みの場合は、いつでもご相談に応じます。

質問11、結局、全部でいくらかかるの?

大きく分けて、請負契約にかかる費用、ローンにかかる費用、登記にかかる費用があります。
 請負にかかる費用としては、契約書に貼る印紙代として、15,000円です。
 ローンにかかる費用として、銀行ローンを利用する場合、金消契約書に貼る印紙代として、20,000円。 ローン手数料が31,500円。ローン保証料が融資金額の約2%。(これは、分割も可能です。) 火災保険料は保険会社や掛け方により、大きく異なりますが、一般に35年一括で、建物請負代金の約2.5%です。(年払いも可能な場合もあります。)又、JIOの安心ローン(分割融資制度)を利用する場合、ローン手数料が63,000円~約80,000円、利子が融資額の約0.4%別途必要になります。
 登記にかかる費用として、建物の表示登記、所有権保存登記、抵当権設定登記など、約200,000円から約300,000円です。
 土地購入共の場合は、更に、不動産会社に支払う仲介手数料が不動産の購入金額の3%+60,000円。土地売買契約書に貼る印紙代15,000円。土地用のローン費用。土地の所有権移転登記及び抵当権設定登記費用として、約200,000円が掛かります。
 総額で50万円~250万円が目安と思います。


千葉県の工務店なら秋葉工務店|信頼工務店 千葉トップへ ->  よくある質問
■資料請求『家づくりは何からはじめればいいのか?!』

メールセミナー全7回”安くていい家づくりの秘密”
お名前(苗字だけで結構です)

現在お住まいの都道府県を、リストよりお選びください。

メールアドレス