top of page

わたしが気付いたこと

JWP1223

そのルールが本当に正しいの?

第2週「女三人寄ればかしましい?」

疑ってみるべきだと言われた気がしたんだ。あなたはどう感じたの?

【NHK 朝ドラ公式】連続テレビ小説「虎に翼」。主演は伊藤沙莉。日本史上初めて法曹の世界に飛び込んだ、一人の女性の実話に基づくオリジナルストーリー。困難な時代に立ち向かい、道なき道を切り開いてきた法曹たちの情熱あふれる姿を描く「虎に翼」は今地球上で起こる全てに対して、(日本、アメリカ、中国、ウクライナ、ロシア‥)この問いかけるべきテーマかも知れないよね。

強烈なメッセージを放つ「虎に翼」の作者は吉田恵里香さんです。

僕は、「虎に翼」から理想の未来の地球号に乗っている‥これから生まれてくる全ての子どもたちの生まれてきた意味ある世界の作り方に繋がるドラマなんじゃないかと予感していました。

吉田恵里香さんってどんな人

吉田恵里香さんは、日本の脚本家であり、小説家としても活躍しています。彼女は、1987年に生まれの神奈川県出身で、日本大学芸術学部文芸学科を卒業し、その後、テレビドラマや映画の脚本を手がけています。

彼女の代表作には、日本テレビ系列のドラマ「DASADA」や「声春っ!」、さらには「花のち晴れ~花男 Next Season」などがあります。また、彼女は2022年に放送されたドラマ「恋せぬふたり」で第40回向田邦子賞を最年少で受賞しています。

現在、彼女は連続テレビ小説「虎に翼」の脚本を手がけており、物語の魅力や制作についての感想を綴った連載も行っています。この連載では、彼女が朝ドラ放送中に感じたことや、作品に対する感謝の気持ちなどを読者に伝えています。

彼女の熱意と才能が、多くの人々に感動を与えていることは間違いありません。(確かに)

----------------------------------------------

私が住宅会社を経営している中で気づいたのは、家というものが単に住む場所以上の意味を持つということです。特に夫婦の関係においては、最終的に二人だけになった時、その家がどのように彼らをサポートするかが重要になります。私たちの提供する家は、夫婦が共に歳を重ね、時には子どもの世話になったり、あるいは施設に入ることになったとしても、彼らの人生の質を高め、幸せを支えることができるよう設計されている必要があります。

「虎に翼」のドラマが示す矛盾や、それに対峙する人々の物語は、私たちが直面する日常の挑戦と密接に関連しています。夫婦としての役割や期待、そして個々の自由と責任の間に生じる矛盾は、家を設計する際にも考慮しなければなりません。家とは、その住人が人生のさまざまな段階で直面する矛盾に対応し、それを乗り越えるための支援を提供する場所であるべきです。

そのために、私たちは住む人々の生涯を通じて変化するニーズに合わせて、柔軟性と適応性を備えた住空間を提供することを心がけています。例えば、自然の環境を利用すること。自然の驚異を理解すること。齢を取る者を配慮できる バリアフリー設計はもちろん、将来的に必要に応じて介護サービスやコミュニティのサポートを容易に受けられるような設計を提案しています。さらに、家族が集まるためのスペースや、趣味を楽しむための個人スペースも大切にしています。

「虎に翼」のようなドラマに共感するのは、そこに描かれる矛盾や挑戦が、私たちの提供するサービスの根底にある哲学と重なるからです。夫婦や家族が直面するであろう未来の課題に対して、一つひとつの住宅設計を通じて、どのようにして最善のサポートを提供できるかを常に考えています。

吉田恵里香さんのような熱意あるクリエイターが、社会の矛盾に光を当て、私たちに大切なメッセージを伝えてくれることに感謝しつつ、私たち住宅業者も、人々の幸せな生活を支えるための空間を創造することに、同じくらいの情熱を注ぎ続けます。最終的には、私たちが提供する「家」が、そこに住む人々にとって、幸せと安心を感じられる場所であってほしいと願ってやみません。

未だご覧になっていないのでしたら…あなたも【NHK 朝ドラ公式】連続テレビ小説「虎に翼」を一緒に観ませんか?



閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page