top of page

外壁左官工事開始!


前回の記事でご紹介させて頂いた、南面のラス網にラスモルタルが施工されました。均一な厚みで綺麗に施工されたモルタルは、仕上げ材が施工される前の状態でも見応えがあります。この後、養生期間を経て仕上げ材の施工へと移っていきますので、完成を楽しみにお待ちください。

上の写真に写っている見慣れない建材は防震吊木といいます。

これを1階野縁受けと2階床梁の間に設置することで、上階から伝わる振動を減衰させて伝達する音を制御します。

こちらはクラックガードという建材です。

木造住宅の内壁の多くは木の柱に石膏ボードを打ち付け、その上にクロスが貼り付けられますが、木材は湿気の多い環境ではその湿気を吸い膨張し、乾燥した環境では含んでいる水分を吐出し収縮します。お客様へお引渡し後、この動きにより石膏ボードが動くため、どうしても1年目2年目のクロスに隙間やヒビ、ねじれ等が生じてしまうのですが、クラックガードを施工することでこれを予防します。

無垢床と天井ボードの施工がほぼ終わり、2階天井には小屋裏へ続く階段が設置されました。この後は、壁のボード張りと1.2階間の階段が施工されます。

「3104の家」予約制現場見学会は随時受け付けておりますので、是非ご予約の上、お越しいただければ幸いです。

それではまた次回を楽しみにお待ちください。

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page