top of page

木造住宅の耐震化 途上

能登半島地震により犠牲となられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆さま、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。


この記事では、石川県で発生した能登半島地震における木造住宅の耐震化の現状とその影響について詳細に報じています。重要なポイントは以下の通です。


  1. 被害の状況:地震により石川県内で94人が死亡し、222人が安否不明。能登半島とその周辺地域で震度6強を観測し、多くの住宅が原形を留めないほど崩壊。

  2. 耐震化の進展が不十分:石川県珠洲市の住宅の約51%が2018年度末時点で国の耐震基準を満たしていた。県内の他の地域でも、耐震化率が低い状況が続いている。

  3. 過去の事例と比較:阪神大震災では家屋の倒壊が多くの死者を出したことが指摘されている。

  4. 国の対応:国土交通省は2030年までにほぼ全ての住宅の耐震基準を満たす目標を掲げている。耐震改修のための補助金が提供されているが、全額補助ではないため、個人の負担も存在。

  5. 専門家の意見:耐震化が人的被害の軽減に有効であることが協調されている。東京大学の目黒公郎教授は、事前の被害抑止対策の重要性を指摘。


この記事は、地震に対する木造住宅の耐震化の進展が未だ十分でなく、それが大きな被害を引き起こす原因となっていることを明らかにしています。また、国や自治体による補助金の提供にもかかわらず、耐震化が遅れている地域が多いことが指摘されています。

専門家は、耐震化が人的被害を減少させる効果的な手段であると説明しています。




閲覧数:6回

最新記事

すべて表示
bottom of page