J・W・P(Jogga・walk・Plocka)ひとりSDGS散歩から一つごみを拾って帰ってくる…持続可能な散歩マスターがつながる世の中をつくる。


水曜日は決まって、週刊少年マガジンを読まないと一日が始まらないアキバです(笑)。


週刊少年マガジン黄金期(週刊少年マガジンVS週刊少年ジャンプの勝率で令和の黄金期とは DAYS・ヒットマン・東京卍リベンジャーズ・化物語という素晴らしい作品が、同時期に 連載していた時代で ※あくまでも私個人的ではある…少年マガジンが少年ジャンプに勝利 を続けひとり勝ちしていた期間を言う(笑)。誤解のないように付け加えておくけれども、もちろんその間も両誌共ども必ず購読は続けていたことは言うまでもない(笑)。


さて、今日の・J・W・P(Jogga・walk・Plocka←ひとりSDGS散歩から一つごみを拾ってってくる)←今日で109日目。 ゴミ一つで なんとも夢は壮大です(笑)。

いつか世界中でこの活動が広まって 優しい気持ちのきれいな世の中が生まれて… 持続可能な散歩マスターがつながる世の中になっちゃう!(^^)!)。 (とても楽しみです♪)

・今日は…紙コップを三つ拾って帰ってきました。 ・ヒコーキ公園のジャングルジムで懸垂(チンニング)を6回しました。

 明日は7回です(笑)

閲覧数:18回

最新記事

すべて表示

2022/4/25 カエルの事情と春の野花 田植のシーズンを迎え、夜のとばりがおりると カエルは さらに大きなの大合唱で 声をはりあげているようだ。 なので朝は、喉をいたわっているのだろうか? 夜に備えなければいけない、カエルの事情があるのだろう。 今日のJWP 写真は ヒメジオンを主役にできないかと 思案しながら積んできました(笑)