top of page

配色の黄金比

ある朝ベッドから起き上がる時に足を踏み外し勢いよく床に叩きつけられた 

秋葉家長男の嫁:ゆうこです。


右半身のいろんな所で皮膚の色が変色しております・・・(-"-)


さて、梅雨に突入し、夏日と言われる位の気温になる日も出てまいりましたが、

季節が変わるとやってくる、衣替え。

洋服の衣替えをしたらインテリアも少し衣替えをしてみるのも気分転換になっていいですね。


ファッション業界には毎年流行があり、流行カラーや、流行アイテムという物がありますが、住宅業界にも流行はあります。インテリアにも流行があります。

今住宅、インテリアでここ数年流行していて、今も根強い人気があるのが、「木」「グレー」「金属」この3つのアイテムが入っている建物やインテリアを本当によく見かけます。

ただ、上手に取り入れる。と言われても難しい。と感じる方もいらっしゃるので、少しだけ取り入れるコツをお教えしたいと思います。


物の配色には黄金比という物があります。よく2色から3色位に押さえるとまとまりが出ますよ。といったお話を聞いたことがあるかもしれませんが、色の数や種類だけでなく、色の比率が結構重要だったりします。




視界に入る色の情報量は以下の比率を参考にしてみてください。

ベースカラー:70%、メインカラー:25%、アクセントカラー5%

ご自宅に置き換えて想像していただくといかがですか?

壁の色、家具の色、お布団の色、家電の色。これから新築を検討されている方の場合は、この比率を取り入れていただくと色選びが楽になるかもしれません。


ベースカラーは、壁、天井、扉などの視界に入る色の情報量は70%

メインカラーは、床、家具、ソファーなどで25%

アクセントカラーは、照明器具の金具や、扉の把手、小物などで5%


お部屋の衣替えや、これから新築をお考えの方は少しこの配色の比率を意識してみてちょっと気分の良いお部屋空間をぜひ作ってみて下さい。


そして、只今ワタクシ、右ひざ、右ひじをはじめとする右半分の皮膚の色70%、打撲による変色25%、ホクロ・シミ合わせて5%・・・・・・・( ̄д ̄)お・・・・黄金比率!!!







閲覧数:75回

最新記事

すべて表示
bottom of page