無垢材の温かみが際立つ生活導線に配慮した家☄
外観

ブラックをベースにして重厚感を出した外観はブラウンのドアやバルコニーがアクセントに。屋根の軒天は、意外に汚れが目立たないというホワイトを採用。

玄関

白を基調に明るくまとめた玄関。玄関入って右側にシューズクローゼットを配置。可動棚付きなので、赤ちゃん用のバギーなども収納できます。 玄関ホールにも収納があり、掃除道具や、日用品の保管に重宝します。

リビング

無垢板をふんだんに使ったナチュラル感あふれるLDK。天井はパインの無垢材。床は美しい木目の表情が魅力的なスギの節無し無垢板を採用した。梁を見せる事で天井を高く広がりある空間に。

ダイニング

構造上必要なキッチン脇の柱には、化粧柱を用いて、床と天井が無垢材のリビングと統一感を演出した。キッチンカウンター下に造作棚を設置しているので、ダイニング周りの細かい収納や、見せる収納に便利。

キッチン

キッチンの吊戸棚を背面に設置することでダイニングとの空間を仕切られぬよう配慮した。冷蔵庫の奥にはパントリーとゴミ箱収納スペースを配置。 ☄ゴミ箱収納スペースは、あると大変便利です。

s_浴室、洗面室

落ち着いたダークブラウンで統一した浴室と洗面脱衣室。写真右の洗面脱衣室は旅館をイメージして床に籐風のフロアにし、天井はバリ風のクロスを採用しました。行淳仕様の5段可動棚は、タオルや着替えの収納に便利です。

小屋裏収納

デッドスペースになりがちな空間を小屋裏収納として活用。壁や天井のコンクリート調のクロスがオシャレ◎ 小屋裏収納の手間には、掃除用具や日常よく使う物を入れる収納を設置。使う用途をしっかり考えてから間取りを決めると、住んでからの使いやすさが格段に違います。

主寝室

主寝室は、(現在セカンドリビングとしてご使用中。)さわやかなアクセントクロスで、家具や小物でセンスの良い落ち着く空間になっています。大型の収納の横に全身鏡を取り付ける為、あらかじめ壁に天板で補強しています。

子供部屋

将来壁で2つに仕切れるフレキシブル間取りになっています。無垢床の温もりが映えるよう照明をダウンライトにすることで空間をスッキリ見せています。

​市原市 K様邸 
無垢材ならではの温かみのある家になりました。家中ほとんどの場所が無垢の床で木目がキレイなスギの節なし無垢板を選ばれました。
「キズが気になるのでは?とずいぶん悩みましたが、結果家中ほぼ全てに無垢材を使って正解でした。裸足で気持ちいいいですし、木に囲まれているようで落ち着けます」と住み心地を教えてくれました。
お施主様のセンスが抜群に良く、巧なクロス使いで、全体的なバランスがとても良い家です。