​キレイを保つ家
リビング

誰もが憧れる、大空間のLDK。リビング部分の天井は吹抜けなので、より開放感と明るい空間になっています。TV奥のスペースは、階段下収納になっているので、急な来客時には、ササッ!と片付けられるので、安心ですね!

外観

ブラックの外壁にバルコニーと玄関ドアにウッド調を持ってくる事で色のバランスの良いカッコイイ外観になりました。 バルコニーの軒下に物干しスペースを設けているので、多少の雨なら濡れる心配もなく安心です♪南面は窓を大きくとる事で冬場太陽の光をたくさん取込める暖かい家です。

洗面脱衣室

サニタリー収納はとても重要です。サニタリー収納へ収納すべき物というは非常に多く、かさばる物もとても多いです。そのためしっかり収納のスペースを確保して失敗しない収納計画を考えましょう。

キッチン

スッキリした、まとまりのある配色のキッチン。横のFIX窓の効果が抜群に良く、とても明るいキッチンになりました。この画像の反対側に深くないパントリー収納を配置。食品等のストックはあまり深型にすると賞味期限が切れてしまう等のリスクがありますが、浅くする事で、忙しい時でも食品のストックをしっかりチェックする事ができます。

吹抜け

吹抜けがあると本当に明るく開放感があります。階段の手すりの部分に棟梁力作の隠れキャラクターが!この階段下にもお子様のおもちゃを片付けられるスペースがあり、急な来客時もサッと片付ける事ができます。

和室

これぞ和み空間!畳、畳の縁、サッシの色、クロス、襖選べる範囲が多くオリジナルの和空間をつくる事ができます。家に入った瞬間新しいイ草の香りが本当に癒されます。

収納

秋葉工務店の収納はすのこです。湿気のこもりやすい押入やクローゼットの強い味方です!また、収納に可動棚をつける事もできるので、収納家具を置く必要がありません。

千葉市若葉区 O様邸 
​忙しい子育て世代のお施主様が建てた”キレイを保つ家”です。その一つが計算された収納計画!忙しい子育て世代の方に参考にしていただきたい収納の工夫満載のお宅です。キレイを保つ家の収納の秘訣は大きすぎず、必要な場所に最適な大きさの収納がある事です。「本来収納すべきものが入らず、他のスペースにとりあえず入れておく」コレが蓄積されることでドンドン片付けるのが嫌になる家が出来上がります。そんなお困りごとをすっかり解決してくれる収納計画のお手本のような家です。
見た目も外観はカッコよく!ウッドデッキに物干しスペース!多少の雨なら心配ない物干しスペースは便利です。
​中に入ると、かなり解放感のある吹抜けと明るいリビング!随所に好きなキャラクターが隠れていますが、統一感があり、全く違和感なく溶け込んでいます。棟梁が腕を振るった造作ともマッチしていて◎。