1年中エアコン1台で快適なエコハウス
リビングダイニング

この家の最大の魅力 リビングダイニング! 小上がりの収納付き造作棚は、お施主様からのご希望で、収納としてはもちろん、もたれたり、キッチンカウンターに向かって収納に座る事も出来る高さになっています。これぞ注文住宅らしいリビングになりました。

外観

流行に左右されないよう、外観はシンプルに、上部は左官職人によるブラックの塗壁。下段はガルバリウムを採用。

玄関

玄関に入った瞬間から無垢の床で木の温もりを感じる事ができます。 大容量の土間収納は、小さなお子様のいらっしゃるご家庭にご好評の便利なスペースです。

洗面脱衣室

大き目のサイズの洗面脱衣室には、ガス乾燥機の乾太くんがあり、忙しい共働き家族の強い味方です。季節や天候に関係なく、お洗濯が短時間でできるので、オススメです。

リビング②

庭が一望できる小上がりからの眺めは、吹抜け効果もあって、開放的。掃き出し窓から続くウッドデッキはバリアフリーに。窓をあけ放てばウッドデッキもリビングの一部に。

バルコニ

お家を下から見上げたくなるウッド調の軒天ボード。この軒が2Fの部屋に入ってくる夏の暑い日差しをオシャレに遮ってくれます。もちろん1Fに入ってくる日差しはバルコニーがしっかりカット!

書斎スペース

リビング続きに扉をつけず、ご家族の気配を感じながら仕事にも集中できるよう独立した個室にせず入口部分はオープンにしました。

ピアノ室兼おもちゃ室

書斎の反対側はピアノやおもちゃのスペースになっています。将来犬と暮らす事を想定し、床は掃除しやすいフローリングに。

市原市 M様邸 
雑誌の取材でお引渡しから1年ちょっと経過したころに訪問させていただいたのですが、お宅を拝見した感想は、
​「お施主様にフィットしている!」「デニムのように馴染んでいる!」でした。
こちらのお宅は高気密、高断熱のエコハウスです。1年中エアコン1台で快適に生活されています。
エコハウス建築の経緯をご主人にうかがうと、「家の中の温度ムラが嫌だったのと、家の中では短パン・Tシャツで過ごしたかった」との事でした。
南面の窓を大きくとり、真冬は太陽の光をしっかり取り込み、逆に夏の日差しはしっかりカットする事で1年を通してエアコン1台で、しかも安い電気代で過ごす事ができます。
玄関を入ると無垢の床がお出迎え。構造丈必要な柱と筋交いを残し、木の温もりを大切にしながら開放的な空間を作りました。お打合せの8割を費やしたリビング。本当にM様のこだわりが詰まった居心地抜群の空間です。ご主人の家への愛情がとても深く、ご自身でDIYでウッドデッキを作られたり、お庭に植栽を植えたり・・・。性能と見た目やりたい事をしっかり盛り込んだお家です。