無垢の温もりに家族が集う家
市原市 K様邸 
広いLDKの床は杉の無垢材。ダイニングテーブルや、他の家具も木製で揃え、木の温もりに包まれる、とても落ち着く空間です。南面の窓を大きく取り、冬場は太陽の光をしっかり取り込み暖かく、夏の日差しを庇がしっかりカットする事で涼しく過ごせる太陽に素直な設計の間取りになっています。
ダイニング→リビング→その続き間に奥様のご実家にあった「掘りごたつ」を再現!
大工をされているお施主様のおじい様と秋葉工務店の見学会に参加され、「秋葉工務店の3.5寸の無垢材の柱と、柱の数など、太鼓判を押してくれたこともあり、秋葉工務店に決めました。」と、秋葉工務店で建てる事に至った経緯を教えてもらいました。